PR

産経WEST 産経WEST

堺市長選26日告示 維新vs反維新ふたたび激突

 堺市の竹山修身(おさみ)前市長が政治資金問題で引責辞職したことに伴う市長選は26日、告示される。これまでに大阪維新の会の元府議、永藤英機氏(42)と無所属の元堺市議、野村友昭氏(45)らが立候補を表明。永藤氏は維新が掲げる大阪都構想を争点とはしない意向だが、野村氏は「チーム堺」を名乗り、反都構想の受け皿を目指す構えで、前回選と同様に「維新VS反維新」の構図となりそうだ。6月9日に投開票される。

 4月の大阪府知事・大阪市長のダブル選などで圧勝し、勢いに乗る維新だが、都構想への反対が根強い堺市では、竹山氏と争った市長選で過去2連敗。永藤氏は、都構想に堺を含めるかは「時期尚早」とし、竹山氏の政治資金問題を踏まえて「市民の信頼を取り戻したい」と、政治とカネの問題からの決別などを訴える。一方、府と大阪市の副首都推進本部には参加する方針だ。

 元自民市議の野村氏は、府連の渡嘉敷奈緒美会長が維新との連携を打ち出し、都構想の住民投票容認に方針転換したことに反発し、離党届を提出。「歴史と伝統のある堺を守りたい」と、反維新・反都構想勢力の結集を呼びかけており、立憲民主や国民民主系の市議のほか、共産党系の市民団体が自主支援する方針。だが、自民は「都構想に反対する候補は支援も推薦もしない」(渡嘉敷氏)とし、同じく維新への協力姿勢に転じた公明は自主投票の方針。夏の参院選に合わせた衆院解散による衆参同日選の観測がくすぶる中、注目の選挙となりそうだ。

 市長選にはほかに、政治団体「NHKから国民を守る党」代表で東京都葛飾区議の立花孝志氏(51)も立候補を表明。立花氏は「クリーンな選挙を見せたい」としている。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ