PR

産経WEST 産経WEST

府警ヘリのねじ5本脱落 飛行中に落下の可能性

ねじの脱落が見つかった大阪府警のヘリコプター「おおわし」(府警提供)
ねじの脱落が見つかった大阪府警のヘリコプター「おおわし」(府警提供)

 大阪府警は21日、府警のヘリコプター「おおわし」の機体のねじ5本が脱落しているのが見つかったと発表した。前日の飛行中に落下した可能性があり、府警が原因や経緯を調べている。被害は確認されていない。

 府警によると、脱落したねじは1本長さ1・5センチ、重さ2・7グラム。いずれも機体後部下側のパネルを留めていた。21日午後1時15分ごろ、八尾空港(同府八尾市)で、飛行前に同機を点検していた府警航空隊員がねじが無くなっていることに気付き、空港内を捜したが見つからなかった。

 同機は20日午後1時半ごろ、パトロールのため同空港を離陸し、大阪市内や堺市の上空を約1時間15分飛んで同空港に戻り、格納庫に収容された。飛行前後にはパイロットや航空整備士ら乗組員6人で、機体に異常がないか点検するが、飛行前はねじがあったことを確認している一方、飛行後は点検はしたものの、ねじの有無は明確ではないという。

 府警は所有するほかのヘリコプター5機を点検したが異常はなく、空港に何者かが侵入した形跡もなかった。府警は大阪航空局を通じて国土交通省に事案を報告した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ