PR

産経WEST 産経WEST

「野村アートアワード」の若手賞に中国・程然氏ら 京都・東福寺で

第1回「野村アートアワード」の若手賞を受賞した中国の程然氏=京都市東山区の東福寺
第1回「野村アートアワード」の若手賞を受賞した中国の程然氏=京都市東山区の東福寺

 野村ホールディングス(HD)は21日、現代アートの発展を支援する表彰制度「野村アートアワード」の第1回エマージング・アーティスト(新進気鋭の若手アーティスト)賞を発表、京都市東山区の東福寺で授賞式が行われた。

 受賞したのは、中国人の程然(チェンラン)氏(38)と米国人のキャメロン・ローランド氏。程氏は、映画やドラマなどをモチーフにした大胆なインスタレーション作品が特徴。表彰式で「将来のプロジェクトにとても重要なサポートをいただいた」とあいさつした。式に欠席したローランド氏は、法律などをテーマにした作品で知られる。2人には各10万ドルが授与される。

 野村HDの池田肇執行役員(52)は「未来の現代アートを担う若い2人の才能の今後の活躍に期待したい」と話した。第1回の大賞は中国・上海で今秋開催予定のイベントで発表する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ