PR

産経WEST 産経WEST

当て逃げ身代わり依頼の兵庫県議、書類送検へ 兵庫県警、犯人隠避教唆容疑

 選挙運動期間中に車で当て逃げをした県議が、弟を警察署に身代わり出頭させた問題で、兵庫県警神戸西署は17日に道交法違反と犯人隠避教唆の疑いで、谷口俊介兵庫県議(41)=神戸市西区選出=を書類送検する方針を固めた。同署への取材で分かった。

 同署によると、送検容疑は4月2日午前、同区内のスーパー駐車場の出入り口のバーに車を接触させたにもかかわらず現場を立ち去り、弟を同署に身代わり出頭させたとしている。

 同署によると、防犯カメラ映像などから、谷口県議名義の車が事故を起こしたと判明。身代わりで同署に出頭した弟が「実際には兄の運転だった」などと説明していた。同署は犯人隠避の疑いで、この弟についても書類送検する方針。

 谷口県議は4月7日投開票の兵庫県議選で3選。当て逃げは選挙運動期間中に起こしていた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ