PR

産経WEST 産経WEST

女子中学生62人かゆみ訴え 大津、ベンチ原因?

観覧席のベンチを調べる大津署員ら=16日、大津市
観覧席のベンチを調べる大津署員ら=16日、大津市

 16日午前10時15分ごろ、大津市御陵町の皇子山総合運動公園テニスコートで開かれていた滋賀県中学校春季総合体育大会のソフトテニス競技で「生徒が発疹やかゆみを訴えている」と同市の中学校の教員が119番した。観覧席にいた同市の中学校6校の女子生徒計62人が病院で手当てを受けたが、いずれも症状は軽いという。大津署などが原因を調べている。

 大会本部などによると、同テニスコートでは大津市内の中学校7校の試合が行われていたが、午前10時すぎごろ、観覧席のベンチに座った女子生徒のひざやももなど下半身を中心に、かゆみや弱い痛みを伴う発疹ができた。

 滋賀県教育委員会保健体育課によると、観覧席のベンチの塗装のはがれた部分から刺激のある素材に触れ、発疹やかゆみを引き起こした可能性が高いという。

 午前11時過ぎには大津署員が駆けつけ、生徒を移動させてベンチの表面を調べるなど、一時騒然とした。

 同公園を管理する大津市はベンチの使用を禁止するとともに、市内の他の施設でも同じ素材を使ったベンチがないかなどを調べる。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ