PR

産経WEST 産経WEST

障害ある人もない人も、車いすソフトボールの魅力 目指せパラリンピック

 2020年東京パラリンピックを1年後に控え、関心が高まる障害者スポーツ。中でも、障害がある人もない人も一緒にプレーできるという特色を持つ「車いすソフトボール」は、互いの視野を広げ、理解を深めることができるとして注目を集めている。13チームが加盟する全国組織の目標は、将来のパラリンピック種目としての採用だ。(勝田康三)

慣れない車いすに…

 4月27日、大阪府東大阪市にある駐車場。同市を拠点とする関西唯一の車いすソフトのチーム「関西アンバランス」が開いた車いすソフトの体験会には、車いすに乗る障害者と健常者計11人が集まった。

 車いすソフト最大の特徴は障害者と健常者でチームを構成する、という点だ。ルールは通常のソフトボールとほぼ同じだが、プレーヤーは1チーム10人。ポジションのある9人のほか、10人目の選手はどこを守ってもOKで、全員が車いすに乗り、プレー中は地面に足をつけてはいけないといったルールも設定されている。

 守備でグローブを使うのは一塁手と捕手ぐらい。ほかの選手はボールを追いかける際に両手で車輪を動かすため、素手で捕球する。

 いざ、体験開始。車いすに慣れた障害者らは素早く左右に操作し、ボールに向かったり走塁したりできるが、普段車いすに乗ることのない健常者は、打ってから一塁へ“走る”のも一苦労だ。レフト前ヒットのはずが、一塁でアウトになる場面もみられた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ