PR

産経WEST 産経WEST

狂言師の茂山千三郎氏の長女、恵さん 葵祭

 令和初となる葵祭に、童女(わらわめ)役で参列した京都市北区の小学4年、茂山恵(めぐ)さん(9)は狂言師の茂山千三郎さん(54)の長女。4日に下鴨神社(京都市左京区)で行われた「御禊(みそぎ)の儀」でも、身を清める斎王代を導く大役を果たした。

 参列の誘いがあった当初は「恥ずかしい」と嫌がっていたが、過去の葵祭の写真を見せられると、「出てみたい」と興味がわき、やる気が出たという。

 恵さんはこの日、淡い紫色の衣装で参列。出発前には「ちょっとドキドキしている。いつもはすたすた歩くけど、今日はちょこちょこ上品に歩くように意識したい」とはにかんだ。

 千三郎さんは「斎王代の女人列を見て、どこかでご奉仕したいと思っていたので、娘が出ることができて光栄に思う」、母の暁子さん(37)は「大層なことなので、私の方が緊張しているくらいです」と話し、笑顔で送り出した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ