PR

産経WEST 産経WEST

楽しい気持ち大事に 五輪「銀」末続慎吾さん 小学校で授業

児童らを指導する北京五輪銀メダリストの末続慎吾=大阪市西淀川区の市立野里小(宇山友明撮影)
児童らを指導する北京五輪銀メダリストの末続慎吾=大阪市西淀川区の市立野里小(宇山友明撮影)

 2008年北京五輪陸上男子400メートルリレー銀メダリストの末続慎吾が15日、大阪市立野里小学校(同市西淀川区)で講演や実技指導を行い、走ることの楽しさなどを児童らに伝えた。

 大阪市がトップアスリートを市内の学校に招く「夢・授業」の一環。2008年度から実施しており、子供にスポーツの魅力や夢を持つことの素晴らしさを伝えている。

 この日は5年生約60人が参加。講演で夢をかなえる方法について「一番大事なのは楽しいという気持ちを大事にすることで、それが夢をかなえるための心の持ち方」と語った。

 講演後は、速く走るための動作や腕振りの仕方を指導。児童らは教わったフォームを意識しながら全力で走るなどした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ