PR

産経WEST 産経WEST

コウノトリのひな誕生 福井、野外で55年ぶり

福井県越前市の人工巣塔でふ化したコウノトリのひな(円内)と雄の親鳥=14日(同市の古木仁さん提供)
福井県越前市の人工巣塔でふ化したコウノトリのひな(円内)と雄の親鳥=14日(同市の古木仁さん提供)

 福井県越前市は14日、国の特別天然記念物コウノトリのつがいが同市の野外に作った巣で温めていた卵が孵化し、少なくとも2羽のひなが誕生したと発表した。福井県で野外繁殖が確認されたのは昭和39年以来、55年ぶり。兵庫県や徳島県などでも近年、確認されている。

 越前市によると、13日午後5時前、市が撮影しているカメラの映像で、ひなの姿や、親鳥がひなに餌を吐き戻す様子が確認された。うち1羽は14日午後、高さ12~13メートルの営巣用の塔から落ちて死んだという。

 福井県の杉本達治知事は「関係者のこれまでの取り組みが実ったもので、大変うれしいニュースだ。コウノトリが生息しやすい自然環境の整備に努めていきたい」とのコメントを出した。

 親鳥は同市生まれの2歳の雄と兵庫県豊岡市生まれの3歳の雌。3月上旬に飛来して巣を作っていた。県内では、坂井市にいる別のつがいにも卵が生まれたとみられ、有精卵なら今月下旬に孵化する見通し。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ