PR

産経WEST 産経WEST

「百舌鳥・古市古墳群」世界遺産へ 全49基、ユネスコに登録勧告

 平成29年7月に国の文化審議会が推薦候補に選定。文化審は「推薦内容の見直しを迫られる可能性もある」との厳しい見方を示していた。だが、遺産の価値の説明を分かりやすくするなど推薦書を練り上げた。

 仁徳天皇陵古墳などは世界最大級の墳墓だが、世界的な知名度は低い。住宅街にあるため見学者の受け入れ態勢が十分といえず、府の担当者は「来訪者が一時的に増えるのは確実だが、来年以降も来てもらえるかが課題だ」と話す。

 来夏の世界遺産委では、政府が自然遺産に推薦した「奄美大島、徳之島、沖縄島北部および西表島」(鹿児島県、沖縄県)が審査される。

   ◇

2007年9月 大阪府など4自治体が「百舌鳥・古市古墳群」の世界文化遺産登録を文化庁に提案

  10年11月 国連教育科学文化機関(ユネスコ)の暫定リストに記載

  17年7月 国の文化審議会が国内候補とすることを決定

  18年1月 政府が、19年登録に向けユネスコに推薦書を提出

     9月 ユネスコ諮問機関が現地調査

  19年5月13日 ユネスコ諮問機関が登録勧告

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ