PR

産経WEST 産経WEST

オーガニックの「法隆寺醤油」完成 奈良

法隆寺醤油をアピールする大方豊社長=奈良県斑鳩町
法隆寺醤油をアピールする大方豊社長=奈良県斑鳩町

 創業119年の「ニシキ醤油(しょうゆ)」(奈良県斑鳩町)が、農薬などを使わない有機栽培(オーガニック)の大豆と小麦を使ったこだわりの新商品「法隆寺醤油」を完成させた。最も自然に近い原料を集めた、しょうゆの“原点”ともいえる商品で、料理研究家や食品の安全性を重視する人たちの間で人気が広がっている。

 法隆寺醤油の原料は、北海道幕別町の「折笠農場」が無肥料・無農薬の自然栽培で育てた大豆と小麦、そして伊豆大島の塩田で作られた伝統海塩「海の精」。農林水産省の「有機JAS」規格の認定を受けた安全安心のオーガニック商品だ。

 商品開発のきっかけは平成29年1月、視察で訪れたフランスの食品展示会で目にした光景だった。同社の大方(おおがた)豊社長(64)は「日本に先行する形で、オーガニックマーケットが想像以上に広がっていることに驚いた」という。

 日本では人口減少や食生活の洋風化の影響でしょうゆの消費量が減り、業界は厳しい状況が続いている。日本食ブームで海外でのニーズは増えているが、海外市場は大手が強い。「中小が生き残るには、次の時代を見据えた付加価値のある商品が必要ではないか」。漠然と考えていたことの答えが見えた気がした。

 帰国後の同年2月、折笠農場との偶然の出会いに恵まれ、商品開発が決定。昨年4月から仕込みが始まり、今年2月、念願のオーガニックしょうゆが完成した。だが、原料にこだわった分、価格は一般的なしょうゆの数倍に。スーパーには置いてもらえず、新たに独自の販売ルートを構築する必要に迫られた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ