PR

産経WEST 産経WEST

「戦争で北方領土取り返す」酔って言及 元島民に維新・丸山議員

記者会見で北方領土へのビザなし交流訪問団に同行した際の発言や行動について説明する丸山穂高衆院議員=13日午後、北海道根室市
記者会見で北方領土へのビザなし交流訪問団に同行した際の発言や行動について説明する丸山穂高衆院議員=13日午後、北海道根室市
その他の写真を見る(1/2枚)

 日本維新の会の丸山穂高衆院議員が、北方領土へのビザなし交流訪問団に同行していた11日夜、国後島の宿舎で酒に酔い、元島民の団長に「戦争でこの島を取り返すのは賛成ですか、反対ですか」と質問したり、大声で騒いだりしたことが13日、訪問団への取材で分かった。

 団員の一部は12日、発言と行動について丸山氏に抗議。丸山氏は同日、騒いだことについては謝罪したという。維新代表の松井一郎大阪市長は記者団の取材に、馬場伸幸幹事長を通じて丸山氏を厳重注意すると明らかにした。

 訪問団によると、丸山氏は11日夜、酒に酔い、大塚小弥太団長(89)に「ロシアが混乱しているときに取り返すのはオッケーですか」「戦争をしないとどうしようもなくないですか」などと質問。大塚氏は「戦争なんて言葉は使いたくない」と返答した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ