PR

産経WEST 産経WEST

小学校工事の入札情報漏らした疑い、湖南市元部長ら逮捕 滋賀

 滋賀県湖南市発注の市立小学校の空調設備工事の入札をめぐり入札情報を漏らしたなどとして、滋賀県警は13日、官製談合防止法違反などの疑いで、同市の元建設経済部長、望月敬吾(61)=湖南市正福寺、管工事業者「奥村設備」の代表取締役、奥村増一(72)=同市針、同社社員、坂本浩治(49)=同市正福寺=の3容疑者を逮捕した。県警はいずれの認否も明らかにしていない。

 逮捕容疑は、3人は共謀し、4月4日に行われた市立菩提寺北小の空調設備工事の一般競争入札をめぐり、望月容疑者が事前に、秘密事項である工事のおおまかな設計金額を坂本容疑者に漏らして奥村設備に落札させ、公正な入札を妨害したとしている。

 県警捜査2課によると、14社が入札。最低制限価格は約7318万円で、奥村設備が7550万円で落札した。

 望月容疑者は平成28年4月1日から定年退職する今年3月31日まで、市建設経済部長として勤務。市の入札を審査する「建設工事等契約審査会」の委員も兼務していた。

 奥村設備は設計金額をもとに最低制限価格を概算したとみられる。県警は3人の関係や金銭の授受があったかについても調べる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ