PR

産経WEST 産経WEST

図書館の本、京都・宇治の林道沿いに大量投棄 木津川市でも約100冊

京都府木津川市の竹林で見つかった本=6日(木津川市教委提供)
京都府木津川市の竹林で見つかった本=6日(木津川市教委提供)

 11日正午ごろ、京都府宇治市白川の林道沿いを通りかかった市民から「図書館の本が大量に不法投棄されている」と市の図書館に通報があった。市教育委員会によると、投棄された本は100~200冊程度あり、宇治市や京都市、滋賀県など京都や滋賀の6自治体の図書館の本が確認できたという。

 宇治市教委は投棄された大量の本を現場から回収。図書館から盗まれた可能性があるとみて調べ、京都府警とも相談のうえ、被害届の提出も検討する。

 市教委によると、大量に投棄された本は、宇治市のほか、京都市▽京都府城陽市▽同府京田辺市▽同府精華町▽滋賀県-の計6自治体の図書館の蔵書類。十数冊ごとにひもで束ねられた状態で見つかった。少なくとも宇治市の本は図書館が管理していることを示すバーコードが付いた状態のままで、図書館から盗まれた可能性があるという。

 このほか、京都府木津川市でも、5日に同市山城町神童子の市道沿いで、市などの図書館の蔵書とみられる本約100冊が不法投棄されているのが見つかった。

 見つかった約100冊は同市など京都府内4市の図書館の本とみられる。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ