PR

産経WEST 産経WEST

G20前に危険物運搬車の安全確保呼びかけ

 6月に大阪市で開催される20カ国・地域首脳会議(G20サミット)を前に、大阪府警などは13日、大阪府吹田市の名神高速道路吹田料金所で、石油などを運ぶタンクローリーやトラックの運転手らに、サミット期間中の安全確保の徹底や運転自粛を呼びかけた。

 サミット前後4日間(6月27~30日)は、大規模な交通規制や検問が行われる予定。タンクローリーによる事故が発生したり、盗まれてテロに使用されたりした場合は影響が大きいとして実施した。

 府警生活環境課や吹田市消防本部の職員ら45人は、料金所付近でタンクローリーなどを次々と停車させ、消火器の使用期限や、危険物取扱者の書類を持っているかなどを確認した。

 また、運転手にサミット期間中の運転自粛や、車両の盗難防止を呼びかけるビラを配り、協力を求めた。府警は「やむを得ず運転する場合は安全運転を心がけてほしい」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ