PR

産経WEST 産経WEST

「憧れの白」涼しげに 神戸・松蔭中高、一足早く衣替え

衣替えをし半袖姿で登校する松蔭中学・高校の生徒ら=13日午前8時11分、神戸市灘区(鳥越瑞絵撮影)
衣替えをし半袖姿で登校する松蔭中学・高校の生徒ら=13日午前8時11分、神戸市灘区(鳥越瑞絵撮影)

 神戸市灘区の私立松蔭中学・高校(浅井宣光(のりみつ)校長)で13日、一足早く衣替えが始まり、生徒たちは涼しげな白いワンピースの夏服に身を包み登校した。

 女子校である同校の制服は大正14年からほとんどデザインが変わっていない。制服の導入当時、女学校の制服は多くが和服で、同校は憧れの的になっていたという。

 暑い日が続くと予想されたことから昨年と同様、本来より1週間早い衣替えとなった。神戸地方気象台によると、この日の最高気温は25度まで上がる見込み。

 同中1年の平原香恋(かれん)さん(13)は「小学生の頃、先輩が制服を着る姿を見て憧れていた。日差しは強いけれど涼しい」と話していた。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ