PR

産経WEST 産経WEST

性別めぐる「不適切取材」の企画を休止に 読売テレビ「かんさい情報ネットten.」

 読売テレビ(大阪市)が報道番組「かんさい情報ネットten.」で性別をめぐる不適切な企画を放映したとして謝罪した問題で、同社は13日、問題となった企画を当面の間、休止すると発表した。

 休止するのは同番組中、お笑い芸人が街中に出て人々の疑問を調べる企画「迷ってナンボ!」。同社は休止の発表と併せて、「放送に至った経緯を詳細かつ徹底的に検証するとともに、今後はこのようなことがないように再発防止に向けた具体的な対策に早急に取り組み、視聴者の皆様からの信頼回復に向けて努めてまいります」とのコメントも発表した。

 問題となったのは10日の放送分。大阪市内にある飲食店員の「性別が分からない常連客がいる」という声を取り上げ、芸人が常連客に性別を質問したほか、体に触ったり、保険証の性別欄を確認したりした。

 VTR終了後には、コメンテーターとして生出演していた作家の若一光司さんが「許しがたい人権感覚の欠如」と内容を批判、インターネット上でも非難の声が上がっている。同社は12日、「プライバシーに関する情報について不適切な取材」だったとして謝罪した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ