PR

産経WEST 産経WEST

「令和」由来の宴に謎? 大伴旅人が詠んだ花は、はかない「落梅」だった

万葉集に残る大伴旅人が催した「梅花の宴」を博多人形で再現したジオラマ=福岡県太宰府市
万葉集に残る大伴旅人が催した「梅花の宴」を博多人形で再現したジオラマ=福岡県太宰府市

 新元号「令和(れいわ)」の由来となった万葉集の「梅花(ばいか)の宴」。奈良時代の天平2(730)年に高官らを自邸に招いて宴を開いた太宰府の帥(そち、長官)、大伴旅人(たびと)が詠んだ歌が気になる。

 〈我が園に梅の花散るひさかたの天(あめ)より雪の流れ来るかも〉

 不思議なのは、満ち足りた正月の祝宴なのに季節外れの「落梅」が詠まれ、はかなさが漂っていることだ。

落梅は心情風景

 万葉集は、梅花の宴で詠まれた「梅花の歌」32首をのせる。「令和」の元号はその序文に記された〈時に、初春の令月にして、気淑(よ)く風和(やはら)ぐ…〉という満ち足りた情景から採られた。

 宴が催されたのは「正月13日」。現在の暦だと2月初旬にあたる。梅の見頃を伝える「咲く梅」の歌が続くが、7番目の旅人の歌で唐突に「落梅」が詠まれる。

 〈我が園に梅の花散るひさかたの天より雪の流れ来るかも〉

 8番目の大監(太宰府役人)は、旅人の歌を受けてこう詠んだ。

 〈梅の花散らくはいづくしかすがにこの城(き)の山に雪は降りつつ〉

 どこに梅の花が散っているのだろうと思って見渡すと、近くの城の山に梅ならぬ雪が降っているという歌で、実際には梅は散っていなかったことを伝えているようにも読める。

 「不思議なことに旅人の歌には、正月の祝宴の華やかさとは場違いな寂しさが漂う。その理由を解く鍵となるのが、宴の前年に起きた『長屋王の変』です」

 元建設省河川局長で古代史研究家の尾田栄章(ひであき)さん(77)はそう解説する。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ