PR

産経WEST 産経WEST

兵庫県議が選挙期間中に当て逃げ 親族が身代わり出頭

 兵庫県議の谷口俊介氏(41)=神戸市西区選出=が4月の県議選の期間中に、スーパーの駐車場で当て逃げをし、親族が代わりに警察署に出頭していたことが10日、兵庫県警神戸西署などへの取材で分かった。同署が任意で事情を聴いている。

 同署などによると、谷口氏は4月2日午前、同区のスーパー駐車場で車を後退させた際、出入り口ゲートのバーに接触し、そのまま走り去った。バーは折れたという。その後の調べで、車は谷口氏の所有と判明。2日後に親族の男性が同署に出頭したが、「運転したのは自分ではない」と話し、谷口氏が運転していたことが分かったという。

 谷口氏は平成23年4月の県議選で初当選。今年4月の県議選では自民党公認で3選を果たした。

 谷口氏は「弁護士に説明を任せている」と話した。自民県連の内藤兵衛(ひょうえ)幹事長は「本人から聞いておらず驚いている。早急に事実確認を進め、対応を検討したい」とコメントした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ