PR

産経WEST 産経WEST

認知されにくい読み書き障害 UDフォントを使うと 

「モリサワ」が製作したUDフォント(下)と一般的な書体(上の2つ)を比較(モリサワ提供)
「モリサワ」が製作したUDフォント(下)と一般的な書体(上の2つ)を比較(モリサワ提供)
その他の写真を見る(1/4枚)

 「ディスレクシア」という言葉をご存じだろうか。文字の読み書きに困難を伴う学習障害の一種で、米映画監督のスティーブン・スピルバーグ氏も自身がディスレクシアであると公表している。徐々に認知されつつあるとはいえ、見た目では普通と変わらないため認知されにくく、支援体制の確立が急がれている。そこで注目されているのが、弱視者やディスレクシアでも読みやすいとされる書体「ユニバーサルデザイン(UD)フォント」だ。明朝体やゴシック体など通常の書体と何が違うのか。今年度、全国に先駆けてUDフォントが導入された奈良県の教育現場をのぞいた。(石橋明日佳)

ハリウッド俳優も

 ディスレクシアは読字障害とも呼ばれ、文字がゆがむ▽文字が反転して見える▽文字と発音が一致しない-などさまざまな症状がある。現在のところ、医学的な治療法は確立されておらず、個人に合わせた学習支援が効果的とされる。

 ディスレクシアの啓発や支援を行うNPO法人「エッジ」(東京都港区)によると、英語圏に多く、米国では全人口の10~15%、日本では5~8%と報告されている。スピルバーグ監督のほか、ハリウッド俳優のトム・クルーズやジム・キャリーも公表しており、その存在が徐々に浸透しつつある。

 エッジの藤堂栄子会長は「近年、英語圏では身近な存在になり、支援の種類も格段に増えているが、日本では認知が進んでいないのが現状。潜在的に多くのディスレクシアがいることを知ってほしい」と話す。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ