PR

産経WEST 産経WEST

フェルメール展大阪展の来館者50万人突破

【フェルメール展 大阪展 50万人突破】50万人目の来場者となった斎藤沙綾さん(中央)と魚住由真さん(左)。右には大阪市立美術館の篠雅廣館長=8日午後、大阪市天王寺区(須谷友郁撮影)
【フェルメール展 大阪展 50万人突破】50万人目の来場者となった斎藤沙綾さん(中央)と魚住由真さん(左)。右には大阪市立美術館の篠雅廣館長=8日午後、大阪市天王寺区(須谷友郁撮影)

 大阪市立美術館(同市天王寺区)で開催中の「フェルメール展」(産経新聞社など主催)で8日、来館者が50万人を突破し、記念式典が行われた。

 オランダ絵画黄金期を代表する画家、ヨハネス・フェルメールは現存作が35点ともいわれているが、同展は世界各地から6作品が集結。世界的に人気の画家の希少な作品とあって幅広い世代が訪れている。

 50万人目となったのはともに神戸市から訪れた会社員の斎藤沙綾さん(25)と魚住由真さん(25)。学生時代の友人同士で、友人のインスタグラムやテレビ番組を見て「フェルメールの青が見てみたい」と訪れたという。同館の篠雅廣館長から図録など記念品が贈られた。

 同展は12日の最終日まで無休で開館。会期終盤の来場者増に対応するため、開館時間を1時間繰り上げて午前8時30分としており、午前中の早い時間帯が比較的空いているという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ