PR

産経WEST 産経WEST

患者・高齢者に癒やし「似顔絵セラピー」

高齢者や患者の心を癒やす「似顔絵セラピー」をしている村岡ケンイチさん=大阪市生野区の葛西医院(南雲都撮影)
高齢者や患者の心を癒やす「似顔絵セラピー」をしている村岡ケンイチさん=大阪市生野区の葛西医院(南雲都撮影)

 似顔絵を描くことで、病気の患者や高齢者の心を癒やす「似顔絵セラピー」に取り組む人がいる。東京のイラストレーター、村岡ケンイチさん(37)。筆を走らせるだけでなく、モデルと会話を交わすことで、その人が元気だったころ、若かった時代のイメージを膨らませていく。容貌だけでなく、その人の人生をも投影したような優しい絵は、患者や家族、医療関係者らの心をなごませている。(小川原咲)

 「緊張するわ。美人に描いてや」

 「自然にしていてくださいね。好きなものや楽しかった思い出はなんですか」

 4月18日、大阪市生野区の「葛西(かっさい)医院」。村岡さんは、向かい合って座った院長の祖母、今岡桃代さん(88)に話しかけた。すぐには筆をとらず、世間話から入る。緊張気味だった今岡さんの表情が次第に和らいでいった。

 「岡山県出身で中学校で英語の教師をしていた。結婚後に大阪に移住。困っている人を放っておけない性格で、よく周囲の相談に乗ってきた」

 こんな今岡さんの身の上話を聞きながら、色紙に鉛筆で線を書き、水彩絵の具で色を付けていく。約1時間後に似顔絵が完成。ほほえむ今岡さんの周りを、これまで相談に乗ってきた人やボクシングジムを経営する息子が取り囲む構図で、教鞭(きょうべん)をとった中学校の校舎が背景になっていた。

 「しゃべっている間に絵になった。私の一代記や。宝だね」。絵をじっくり見つめ、今岡さんは笑った。

 この日は今岡さんのほかに患者2人の似顔絵を描き、いずれも「若い頃を思い出した」「いい思い出になった」などと感謝の言葉を口にした。

 似顔絵セラピーを行っている村岡さんは広島県廿日市市出身。小さいころから絵や漫画を描くのが好きだった。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ