PR

産経WEST 産経WEST

戎橋で改元カウントダウン 道頓堀川にダイブの若者も

【譲位の日】道頓堀の戎橋では令和を喜ぶ人でにぎわった=1日午前0時1分、大阪市中央区 (彦野公太朗撮影)
【譲位の日】道頓堀の戎橋では令和を喜ぶ人でにぎわった=1日午前0時1分、大阪市中央区 (彦野公太朗撮影)

 改元の瞬間を大阪・ミナミの戎(えびす)橋で迎えようと、道頓堀周辺は30日午後11時半ごろ、大勢の若者らであふれた。小雨が舞う中、1日午前0時を迎えると、「令和!令和!」などと大歓声があがった。一方、近くの別の橋から若者が道頓堀川に飛び込む場面もみられた。

 大阪府警は30日午後11時45分ごろ、道頓堀川への飛び込みを防止するために戎橋の外側通路を封鎖。しかし橋の上や周辺は人でごったがえし、一部で身動きが取れない状態になり、警察官が拡声器で「橋の上に立ち止まらないで」と呼びかけた。

 改元へのカウントダウンが始まると、橋の上にいた人たちがその場でジャンプし始め、橋が上下に揺れた。改元の瞬間には各所で大歓声がわき起こった。

 大阪市中央区の自営業の男性(28)は「新たな時代が始まったという気がする。自分たちの世代が日本を盛り上げていきたい」と意気込んだ。

 改元後、若者らが道頓堀川に飛び込んだ。府警南署によると、事故などはなかったが、大阪府豊中市の男子大学生(21)は「川へのダイブは実際に見るとみっともない」と冷ややかだった。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ