PR

産経WEST 産経WEST

瀬戸内国際芸術祭、岡山・宇野港にぎわう

宇野港で開催されたアートの音楽イベント=岡山県玉野市
宇野港で開催されたアートの音楽イベント=岡山県玉野市

 岡山、香川県を会場に開幕した「瀬戸内国際芸術祭2019」。岡山県側の会場の玉野市の宇野港一帯では、常設作品のほか、関連の催しで来場者を出迎えている。

 同港では27日に県内を拠点に活動するピアニスト、山地真美さん(32)によるオープニングイベント「100人でつくる『うみのせかい』」を開催。玉野らしさの表れた言葉を地元の子供たちから募り、これをつなぎあわせた楽曲「みずいろせとうち」などを合唱した。

 市内高校生らも協力し、地元・渋川海岸の砂を入れたペットボトルなども伴奏楽器に加えて盛り上げた。最後に小型無人機のドローンで上空から動画撮影も行い「人の動きもアートにした」(山地さん)。

 同港は香川県側の主要会場となる直島、豊島、小豆島への「本州側玄関口」。「宇野のチヌ」など3体のオブジェなども注目を集めているほか、5月3~5日にはダンスユニット「nomad note dance」による音の出る箱を使ったパフォーマンスも繰り広げられる。

 問い合わせは同祭総合案内所(087・813・2244)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ