PR

産経WEST 産経WEST

【World面白】犬派?猫派?どちらが幸福? 判明! 衝撃の調査

 最近は、秘境に生息している希少動物や、爬虫(はちゅう)類などをペットとして飼う人も珍しくないが、やはりペットの王道といえば昔から犬と猫。犬好き、猫好きともに、自分のペット自慢を語らせると止まらないし、そんな自慢話を延々、聞かされた方も少なくないだろう。

 なので、犬と猫、どちらがペットとして優れているかといった質問には、永遠に答えが見つからず、論争だけが続くと思われていたのだが、何と米では先ごろ、その論争に決着がついたというのだ。

美女は犬派!? 秋田犬を贈られ笑顔のアリーナ・ザギトワ選手(共同)
美女は犬派!? 秋田犬を贈られ笑顔のアリーナ・ザギトワ選手(共同)
その他の写真を見る(1/3枚)

■犬派?猫派? どちらにしても実は鬱病が…

 勝ったのは犬。犬を飼っている人の方が、猫を飼っている人より、はるかに幸福度が高かったことが学術調査で明らかになったのだ…。

 4月5日付の米紙ワシントン・ポストや、そのワシントン・ポストを引用するなどした同月8日付の英紙インディペンデント(いずれも電子版)などが報じているのだが、米シカゴ大学の社会調査機関「NORC」が毎年行っている「総合的社会調査(GSS)」の昨年実施分で判明した。

 GSSは1972年以来、米国人の考え方や態度、行動、属性に関するデータを収集しており、大麻の使用習慣から人間関係のあれこれに至るまで、あらゆる事柄について追跡調査している。

 そんなGSSの昨年の調査で初めて、ペットに関する質問が登場したことで、今回の興味深い調査結果が浮き彫りになったのだ。

秋田犬マサル、ロシアで大人気 「そろって来日を」とザギトワ選手

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ