PR

産経WEST 産経WEST

【ビジネスの裏側】富裕層「ついで観光」特需期待 関西ワールドマスターズゲームズ

その他の写真を見る(1/2枚)

 4年に1度の生涯スポーツの国際大会「ワールドマスターズゲームズ(WMG)」の2021年5月の日本開催まで、今年5月であと2年となる。近畿を中心に2府8県にまたがり競技会場が置かれるため、観光を中心に経済的な波及効果に期待が高まる。なにしろ、これまでの大会参加者への分析では、半数以上が年収1千万円を超える富裕層だからだ。ただ、アジアで開催されたことのなかった大会だけに、日本での認知度は1割程度と低い。受け入れ準備はまだ本格化しておらず、早期の詳細な競技日程の公表を求める声も上がっている。(牛島要平)

競技日程は来月にも

 おおむね30歳以上であれば誰でも参加が可能なWMG。スポーツ愛好家の世界最大規模の競技イベントとして欧米では広く知られる。

 日本でのWMGは、2021年5月14~30日の17日間の日程で開催される。1985年のカナダ・トロントでの第1回大会から10回目の節目にあたり、関西はアジアで初開催の地になる。

 「競技日程を早く知りたい。まだ決まらないの?」

 ボートのスポーツクラブ「瀬田漕艇倶楽部」(大津市)に所属する下村繁彦さん(63)には、姉妹提携しているオーストラリア・シドニーのクラブなどから、関西大会について問い合わせが相次いでいる。「京都や大阪に観光するスケジュールを組みたい」というのだ。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ