PR

産経WEST 産経WEST

竹山・堺市長が辞職願提出 政治資金問題で 6月上旬までに市長選

市議会議長に辞職願を提出、会見する堺市の竹山修身市長=22日、堺市役所(前川純一郎撮影)
市議会議長に辞職願を提出、会見する堺市の竹山修身市長=22日、堺市役所(前川純一郎撮影)

 堺市の竹山修身(おさみ)市長(68)は22日、政治資金収支報告書に多額の記載漏れがあった問題を受け、4月30日付の辞職願を市議会議長に提出した。問題が発覚した2月以降、竹山氏は故意性や私的流用を否定し続けてきたが、度重なる訂正で修正総額は2億円超に上り、22日午前には市議会与党の自民党系会派などが事実上の辞職勧告を表明。これ以上の市政運営の継続は困難と判断した。

 会見した竹山氏は「市政への信頼を損なったことに深くおわび申し上げる。問題を収束し、責任をとるため辞職する」と謝罪。一方、「政治資金を私的に利用したことは一切ない」と述べ、あくまで事務手続き上のミスと強調した。

 市議会は26日に臨時議会を開き、辞職に同意する方針。一方、竹山氏の政治資金問題を追及するため、23日に開かれる予定だった2度目の議員総会は辞職を受けて中止された。

 辞職に伴う市長選は議長から市選挙管理委員会への通知後、50日以内に実施される。6月上旬までに行われる見通しで、竹山氏と対立してきた大阪維新の会の松井一郎代表(大阪市長)は22日、大阪市役所で記者団に対し、堺市長選に候補者を擁立する方針を明言した。一方、竹山氏は出直し出馬はせず、政界引退を表明した。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ