PR

産経WEST 産経WEST

神戸市バスが歩行者はねる 20代男性死亡、1人心肺停止 JR三ノ宮駅前

神戸市営バスが複数の歩行者をはねた事故現場=21日午後、神戸市中央区布引町(読者提供)
神戸市営バスが複数の歩行者をはねた事故現場=21日午後、神戸市中央区布引町(読者提供)
その他の写真を見る(1/4枚)

 21日午後2時ごろ、神戸市中央区布引町のJR三ノ宮駅北側の交差点付近で、神戸市営バスが横断歩道を渡っていた複数の歩行者をはねた。兵庫県警葺合(ふきあい)署によると、20代男性が死亡し20代女性が心肺停止。少なくとも20~50代の男女6人が重軽傷を負った。同署は自動車運転処罰法違反(過失致死)の疑いで、バスを運転していた同市交通局の路線バス運転手、大野二巳雄(ふみお)容疑者(64)を現行犯逮捕した。

 同署によると、バスは駅近くの停留所で乗客を降ろした後、南下して横断歩道の手前で停止しようとした際に、急にスピードを出して進み出したという。車内に乗客はいなかった。同署は大野容疑者がアクセルとブレーキの操作を誤った可能性があるとみて調べている。

 現場はJR三ノ宮駅北側のロータリーと繁華街とを結ぶ東西の横断歩道。事故を目撃した神戸市の高校3年の男子生徒(17)は「バスが歩行者4~5人にぶつかり、横断歩道の先の青い柱にぶつかって停止した。悲鳴が聞こえ、道路上に女性2人が倒れていた。衝突の際にバスの後輪が浮きあがり、車体が傾いたようだった。毎日通学で市バスを利用しているので本当に恐ろしい」と話していた。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ