PR

産経WEST 産経WEST

天皇家に最も近い庶民、八瀬童子「ご奉仕が一番の幸せ」

皇后陛下御歌の歌碑の前でインタビューに応じる八瀬童子会会長の玉川勝太郎さん=京都市左京区(永田直也撮影)
皇后陛下御歌の歌碑の前でインタビューに応じる八瀬童子会会長の玉川勝太郎さん=京都市左京区(永田直也撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 京都・比叡山のふもとに、「八瀬童子(やせどうじ)」と呼ばれる人々が暮らす。中世から、歴代天皇の直近で輿(こし)やひつぎを担ぐなどの奉仕を続け、現在も皇室と深いつながりを持つ「天皇家に最も身近な庶民」だ。「ご奉仕がわれわれの一番の幸せ」。八瀬童子たちは天皇、皇后両陛下へのいちずな敬愛と感謝の気持ちを胸に、新時代の到来を静かに迎えようとしている。(有年由貴子)

子孫110世帯所属

 「大君の 御幸(みゆき)祝ふと 八瀬童子 踊りくれたり 月若き夜に」

 京都市北部の集落・八瀬地区(同市左京区)。その中心部に地元産の石で作った歌碑が建てられている。平成16年8月の京都訪問の際に、京都御所で地元に伝わる伝統の踊りを観覧した皇后さまが詠まれた歌を刻んだものだ。

 「お歌にして頂けるとは、奉仕させていただく者としてこの上ない喜び」。八瀬童子会会長の玉川勝太郎さん(78)は語る。

 八瀬童子は、平安期のころに延暦寺の雑役に従事していた人々。現在、同会には子孫ら約110世帯が所属している。

 天皇家との関わりは室町期まで遡(さかのぼ)る。延元元(1336)年、後醍醐天皇が足利尊氏の軍勢を避け比叡山に向かった際、八瀬童子らが護衛し、輿をかついで登った。その功により納税が免除され、戦前まで続いた。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ