PR

産経WEST 産経WEST

トロッコ電車が運転再開 黒部の自然、車窓から満喫

一部区間で運転を再開し、鉄橋を渡る黒部峡谷鉄道のトロッコ電車=20日午前、富山県黒部市
一部区間で運転を再開し、鉄橋を渡る黒部峡谷鉄道のトロッコ電車=20日午前、富山県黒部市
その他の写真を見る(1/2枚)

 北アルプスの大自然を車窓から楽しめる黒部峡谷鉄道(富山県黒部市)のトロッコ電車が20日、約5カ月の冬季休業を終え、一部区間で運転を再開した。11月末まで。

 開通区間は、同県有数の温泉街のある宇奈月-笹平の約7キロ。オレンジ色の車体が特徴のトロッコは、黒部川沿いを平均時速15キロでゆっくりと進み、観光客は新緑やエメラルドグリーンのダムを眺められる。

 乗車した埼玉県川口市の会社員糸田満さん(48)は「晴れてダムの水面の緑がよく映えていた。宇奈月温泉も良く、またゆっくり訪れたい」と満足そうだった。

 暖冬の影響で雪解けが早く、例年より数日早い29日に宇奈月-欅平の全線約20キロが開通する。

 黒部峡谷鉄道によると、2018年の利用者は約67万人で、19年は71万人を目指すという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ