PR

産経WEST 産経WEST

十段戦一夜明け 関西棋院の村川大介新十段「妻の支えに感謝」

妻の南さんと並んだ似顔絵を隣に、笑顔を浮かべる村川新十段。夫婦でコーヒーを楽しむという=20日午前、兵庫県西宮市(鳥越瑞絵撮影)
妻の南さんと並んだ似顔絵を隣に、笑顔を浮かべる村川新十段。夫婦でコーヒーを楽しむという=20日午前、兵庫県西宮市(鳥越瑞絵撮影)

 産経新聞社主催の囲碁タイトル戦「森ビル杯 第57期十段戦五番勝負」第4局で井山裕太前十段(29)との熱戦を制し、初の十段位を獲得した関西棋院の村川大介新十段(28)が、戦いから一夜明けた20日午前、兵庫県西宮市内で取材に応じ、「家族や友人から届いたお祝いのメールに返信しているうち実感がわいた」と改めて喜びを語った。

 19日の対局後、妻の南さん(27)から「おめでとう」とLINE(ライン)でメッセージが届いたのは、関係者との打ち上げの席の合間だった。

 約2年前に結婚した後、対局や研究で多忙な村川新十段を南さんは支え続けた。対局に負けたときは、アマ初段の腕前を持つ南さんに愚痴を聞いてもらうこともある。村川新十段は、「一緒に頑張ってもらってきた。感謝しています」と笑顔を浮かべた。

 今後の目標は世界戦だ。日本勢は、中国、韓国に後れを取っている。「世界で活躍している棋士は二十歳前後。私は少し年を取ってしまいましたが、頑張りたい」と意欲を燃やした。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ