PR

産経WEST 産経WEST

カジノ店発砲 手配の男逮捕 強盗殺人容疑など 大阪府警

姜真一容疑者(大阪府警提供)
姜真一容疑者(大阪府警提供)

 大阪・ミナミの違法インターネットカジノ店で3月に起きた銃撃事件で、大阪府警南署捜査本部は20日、強盗殺人未遂と銃刀法違反(加重所持)の疑いで、韓国籍で住所、職業不詳の姜(きょう)真一容疑者(34)を逮捕した。指名手配し、顔写真を公開して行方を捜していた。

 逮捕容疑は3月11日午前0時40分ごろ、大阪市中央区宗右衛門町のビル3階にある「バーファイブ」で、金品を奪う目的で男性従業員(42)の頭と男性客(32)の腹を回転式拳銃で撃ち、殺害しようとした疑いが持たれている。従業員は重体、客は重傷。捜査本部によると、黙秘している。

 姜容疑者は店内に拳銃を残し、徒歩で逃走。捜査本部は20日朝、潜伏していた滋賀県高島市内の知人宅で発見し、身柄を確保した。

 店は会員制。姜容疑者は店の常連客で、入店直後に従業員を撃ち、もみ合いになった客にも発砲した。捜査本部は防犯カメラの映像などから、金品を奪う目的で犯行に及んだとみて、詳しい経緯を調べている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ