PR

産経WEST 産経WEST

阪神のルーキー木浪がプロ初本塁打 前日の懲罰交代の汚名返上

【プロ野球阪神対巨人】7回、3点本塁打を放ち本塁で迎えられる阪神・木浪聖也=甲子園球場(撮影・中島信生)
【プロ野球阪神対巨人】7回、3点本塁打を放ち本塁で迎えられる阪神・木浪聖也=甲子園球場(撮影・中島信生)

 今季初めての甲子園の「伝統の一戦」で大敗を喫した阪神。その中、新人の木浪が七回に菅野から放ったプロ入り初本塁打となる右越え3ランは、ファンが留飲を下げた瞬間だっただろう。

 六回の守備から遊撃に就いて出場。七回2死一、三塁で迎えた打席で0-1から「がむしゃらに思い切ってスイングしていった」と高めのスライダーを強振。角度よく上がった打球は風にも乗って右翼席へ消えた。「はじめての本塁打は素直にうれしい」と球界を代表する右腕からの一発を喜んだ。

 前日のヤクルト戦では8番・一塁で先発したが、一回の第1打席で振り逃げで出塁できる可能性があったが一塁に走らず、矢野監督は「やれることをやらん選手は使わない」と三回に代打を送られ“懲罰交代”。「自分が悪かったので、きょう試合に使っていただいたことに感謝した」と、汚名返上に燃えた。本塁打だけに終わらず、九回には2死三塁でライトオーバーの適時二塁打を放ち、必死に結果を出した。

 前日に厳しい采配で木浪を戒めた矢野監督は「菅野から打つのは自信になるだろう。なんとかしたいという気持ちが出ていた」とルーキーが打席で見せた気迫を認めていた。(上阪正人)

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ