PR

産経WEST 産経WEST

豊能ダイオキシン問題、前町長らの刑事告発受理

 大阪府豊能、能勢両町でつくる豊能郡環境施設組合がダイオキシンを含んだ廃棄物を無断で神戸市に埋め立てていた問題で、同組合は17日、当時の組合管理者で元豊能町長の田中龍一氏(現・豊能町議)や副町長ら3人に対する地方自治法違反(虚偽証言)罪の告発が大阪地検に受理されたと発表した。受理は11日付。

 組合議会の調査特別委員会(百条委)で偽証を繰り返したとする同罪で告発状を提出していた。

 このほか、廃棄処理の委託契約で仲介業者の手数料を上乗せして同組合に9650万円の損害を与えたとする背任罪で3人を、自治体の許可なく廃棄物を処理したとする廃棄物処理法違反罪などで仲介業者らをそれぞれ告発し、いずれも受理されたという。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ