PR

産経WEST 産経WEST

うめ星電車披露 よんたま駅長も「祝・令和」 和歌山

「祝・令和」のヘッドマークに興味津々のよんたまと子供たち=和歌山市
「祝・令和」のヘッドマークに興味津々のよんたまと子供たち=和歌山市

 和歌山電鉄貴志川線の伊太祈曽駅で16日、和歌山県特産の南高梅をイメージした「うめ星電車」の車両に5月からの新元号「令和」を記念したヘッドマークが取り付けられた。記念行事には駅長を務める三毛猫「よんたま」も出席し、和歌山、梅にも縁深い新元号の決定を祝った。

 ヘッドマークは、令和が万葉集の「梅花の歌」から選定されたことや縁起の良い意味合いで使われることわざ「梅に鶯」にちなみ、うめ星電車の写真に「祝・令和」の文字とともに、梅の花やうぐいすが描かれた。電車の屋根には8羽のうぐいすのマスコットも取り付けられた。

 「よんたまも『梅に鶯でめでたいニャー』と話しているようです」と同電鉄の担当者。ヘッドマークを掲げた電車は17日から5月末まで運行される。

 この日は、県内にある一部の小学校の1年生約4000人に、来年3月31日まで土日祝日に無料で貴志川線を利用できるパスポートを贈る式典も実施。地元の東山東小の1年生22人に、同電鉄の小嶋光信社長とよんたまからパスポートが手渡された。

 栩野(とちの)遼君(6)は「よんたまがニャーと鳴いているのがかわいかった。パスポートを使って電車に乗ってみたいです」と笑顔で話した。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ