PR

産経WEST 産経WEST

【一聞百見】伝説のツアマネが語る/ロックスターと駆けた半世紀/ウドー音楽事務所代表取締役 高橋辰雄さん(66)

 ■友情から生まれた夢舞台

 最近はインターネットの普及で海外とのビジネスが激変しているが、高橋さんは過信しない。「電子メールでのやり取りは単なる結果報告になりがち。意見のキャッチボールやビジネス上の駆け引きはできないですからね」。実際、夢のようなステージが実現したことも。平成3(1991)年エリック・クラプトンと元ビートルズのジョージ・ハリスンによるジョイント公演だ。

ウドー音楽事務所代表取締役の高橋辰雄さん。40年以上ロックスターのライブの最前線で活躍している(宮川浩和撮影)
ウドー音楽事務所代表取締役の高橋辰雄さん。40年以上ロックスターのライブの最前線で活躍している(宮川浩和撮影)
その他の写真を見る(5/5枚)

 ビートルズ解散後、ジョージはのどの不調を押して初めて行った全米ツアーが酷評され意気消沈。以降、ツアーをしなくなっていた。「クラプトンは、ステージから遠ざかっている旧友のジョージが『寂しがっているんじゃないかな』と慮(おもんぱか)り、一緒にライブをしようと。その際『治安も対応も良く、ウドー(音楽事務所)でタック(高橋さん)が仕切る日本なら大丈夫』と話が進んだんです」。ジョージにとって17年ぶりの晴れ舞台。ところが公演が行われたのはなんと日本だけだった。世界中の音楽プロモーターが羨(うらや)んだ。

 千秋楽の翌日。ジョージはホテルの部屋で高橋さんに謝辞を述べ、小さなメッセージブックを手渡した。そこには金色の文字で「タックへ。あなたの助けと友情に感謝します」と書かれていた。今も大切な宝物だ。クラプトンとは今も友情を深めている。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ