PR

産経WEST 産経WEST

【動画あり】京都の葵祭、令和初のヒロイン決まる

葵祭の第64代「斎王代」に選ばれた負野李花さん=15日午後、京都市
葵祭の第64代「斎王代」に選ばれた負野李花さん=15日午後、京都市
その他の写真を見る(1/11枚)

 京都三大祭りのトップを飾る葵祭(5月15日)のヒロイン、第64代斎王代(さいおうだい)に、大手電子部品メーカー村田製作所社員の負野(おうの)李花さん(23)=京都市左京区=が選ばれた。

 負野さんは15日、袖と裾にフタバアオイの柄の入った振り袖姿で会見し、「葵祭は国家の安泰を祈る祭りと聞いている。令和の時代も平和な時代になるようにという気持ちを持って務めたい」と抱負を述べた。

 斎王代は上賀茂、下鴨両神社に仕えた未婚の内親王「斎王」の代理。京都にゆかりのある未婚女性から選ばれ、祭り当日の行列では十二単姿でこしに乗る。

 負野さんは創業420年のお香の老舗「薫玉(くんぎょう)堂」(同市下京区)の社長、和夫さん(57)の次女。同志社高校時代にはラクロス部の主将を務めて全国制覇を経験し、同志社大法学部在学中には環境問題への興味から1年間ドイツに留学している。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ