PR

産経WEST 産経WEST

新幹線「のぞみ」の扉開け線路に 足骨折の54歳無職男を現行犯逮捕

 14日午前11時10分ごろ、山陽新幹線の新大阪-新神戸間を走行中の東京発博多行きのぞみ17号が、非常用の開閉用コックを使って扉が開けられたため兵庫県内で緊急停止。直後に乗客の男が扉から飛び降り、線路内に立ち入った。

 兵庫県警葺合署は同日、新幹線特例法違反の疑いで、自称大阪府太子町春日、無職、山本まとむ容疑者(54)を現行犯逮捕した。容疑を認めている。山本容疑者の所持品から、のぞみ17号とは逆方向の東京行きの乗車券が見つかったといい、同署が詳しい動機を調べている。

 JR西日本東京新幹線総合指令所によると、のぞみ17号が新大阪駅を出て間もなく、9号車で非常用の開閉用コックが使われ扉が開いた。警告サインに気付いた運転士が緊急停止させると、山本容疑者が線路上に飛び降りたという。山本容疑者は右足の骨を折る重傷。ほかの乗客にけがはなかった。

 同署によると、JR西の職員が線路上で山本容疑者を取り押さえ、車内に連れ戻し、約45分後に運転を再開。新神戸駅で同署員に引き渡したという。

 この影響で山陽新幹線は同区間で一時運転を見合わせ、上下計25本で最大47分遅れ、約1万4千人に影響が出た。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ