PR

産経WEST 産経WEST

高知県警警部補が女性職員にセクハラ

 高知県警の男性警部補が女性職員にセクハラ行為をしたとして、所属長訓戒の処分を受けていたことが12日、県警への取材で分かった。処分は3月18日付。

 県警監察課によると、男性警部補は平成29年8月、職場の懇親会のカラオケで女性職員をステージに呼び、歌いながら腰に手を回すなどのセクハラ行為をした。また今年1月、女性職員2人に対し下品な発言をした。女性職員が上司に相談し、発覚した。

 同課は「職務倫理を徹底し、再発防止に努める」としている。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ