PR

産経WEST 産経WEST

「泉の広場」噴水撤去→地下迷宮にセーブポイント

泉の広場
泉の広場
その他の写真を見る(1/2枚)

 大阪・梅田の地下街「ホワイティうめだ」(大阪市北区)の待ち合わせスポットとして知られる「泉の広場」に、ロールプレーイングゲーム(RPG)のデータを保存する「セーブポイント」を示すパネルが設置されて話題を集めている。約半世紀にわたって市民らに親しまれた噴水が5月に撤去されることが決まり、利用者らの要望で実現したという。

 泉の広場の噴水は昭和45年に設置され、現在で3代目。噴水の撤去が決まり、同地下街が利用者らに「最後にしたいこと」を募集したところ、「泉を使ったチョコフォンデュ」「流しそうめん」など1200件を超える要望が集まった。そのなかから、梅田地域の地下街が「ダンジョン(地下迷宮)」と呼ばれるほど複雑で、泉の広場が「梅田ダンジョンのセーブポイント」と利用者の間で呼ばれていたことから設置を決めたという。

 パネルにはRPGのセーブ画面に見立てたフレームが描かれており、通行人や家族連れらが興味深そうに写真撮影をしていた。

 パネルの設置は14日まで。13、14の両日には入浴剤やミネラルウオーターなどが当たる「回復アイテム抽選会」が行われる。

 噴水撤去を含めたリニューアル工事は5月9日から始まり、11月には完成予定。地下街を管理・運営する大阪地下街は「『泉の広場』の名前は残りますが、イルミネーションを使ったウオーターツリーになります」と話している。

 問い合わせはホワイティうめだ(06・6312・5511)。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ