PR

産経WEST 産経WEST

仮想通貨巨額流出の「ザイフ」が不適切勧誘 業界団体が厳重注意

 フィスコ仮想通貨取引所(東京都港区)が運営する仮想通貨交換サイト「Zaif(ザイフ)」は11日、相場を利用して仮想通貨の購買を煽る不適切な情報発信をしたため、日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)から厳重注意を受けたと明らかにした。

 ザイフは4月4日、利用者らへのメールマガジンで「1ビットコイン=50万円超え! 仮想通貨が高騰しています。改めて仮想通貨にチャレンジしてみては」などと投資を勧誘した。

 JVCEAは、仮想通貨取引の健全化のため昨年定めた勧誘・広告のガイドラインで、「利用者の射幸心や競争心を煽る」「特定の仮想通貨や仮想通貨指数の取引を過度に推奨する」ことを目的とする広告や景品提供を禁止している。

 ザイフは11日に配信したメールマガジンで、問題の情報発信について「行き過ぎた内容であった点を深く反省する」と謝罪し撤回。社内の審査体制を一層強化していくとしている。

 ザイフでは、テックビューロ(大阪市)が運営していた昨年9月に、顧客資産を含む67億円相当の仮想通貨が流出。テックビューロは金融庁から業務改善命令を受けた。同年11月にフィスコへ事業譲渡された。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ