PR

産経WEST 産経WEST

自炊1年生にお勧め 「新三種の神器」で味も時短も

 ◆自在な組み合わせ

 オイスターソースは和・洋・中・エスニックと、どんな料理にも合う。まずは、親子丼や豚肉のショウガ焼きなど食べ慣れたメニューからが作りやすい。

 ゴマドレッシングは、まろやかな酸味とクリーミーな味わいを生かし、サラダ以外にも活用できる。オムレツのソースや、「納豆にも合います。それをパスタにあえてもおいしい」(青木さん)。湯や牛乳で割るとスープに早変わりする。

 3種の調味料を組み合わせて使えば、味付けのバリエーションはぐっと広がる。作る料理で決めるのではなく、あっさりした味にしたいときはオイスターソース、こってりさせたいときはゴマドレッシング、という具合にそのとき食べたい味で使い分けてもいいとか。

 味は一度に決めようとせず、調味料を少量ずつ加えるのがコツだ。加熱調理する場合、薄めに味付けして最後に火を止め、足りないと感じたら追加する。

 「調味料と食材を自在に組み合わせ、作る楽しさを味わって」と青木さんはアドバイスする。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ