PR

産経WEST 産経WEST

任侠山口組系組長らの親睦会開かせた焼き鳥店に指導

 経営する焼き鳥店で暴力団組長らの親睦会を開かせたとして、大阪府公安委員会は5日、府暴力団排除条例に基づき、府内の40代の男性経営者に対し、利益供与をしないよう指導した。親睦会を主催した指定暴力団任(にん)侠(きょう)山口組直系の50代男性組長にも同条例に基づき、指導した。

 府警捜査4課によると、経営者は昨年5月下旬、任侠山口組直系組長27人の親睦会と知りながら、料理やサービスを提供したという。店側は代金として約10万円を受け取っていた。

 同課によると、組長らは数年前から数回、同じ店で親睦会を開催。経営者は、暴力団関係者と気づいた店長から報告を受けていたが、「店の売り上げにつながればよいと思った」などと話しているという。

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ