PR

産経WEST 産経WEST

【選抜高校野球】平成のセンバツで優勝回数の多い都道府県は? 決勝アラカルト

 第91回選抜高校野球大会は3日が決勝戦。習志野(千葉)と東邦(愛知)の試合をもって平成最後の大会が幕を閉じる。過去30年にわたり熱戦を繰り広げてきた「平成の決勝戦」を振り返る。

トップは大阪勢

 都道府県別の優勝回数は大阪が5回でトップ。神奈川4回、沖縄3回と続き、2回が愛知、広島、奈良。強豪校が複数優勝しているのが特徴で平成29、30年大会で連覇を果たした大阪桐蔭の3回を筆頭に横浜(神奈川)、東海大相模(同)、広陵(広島)、沖縄尚学が2回頂点に立った。

 東京や京都など12都府県が1回。習志野が勝てば千葉勢最初で最後の「平成時代優勝」、東邦が勝てば県勢3勝目で、学校として平成最初と最後の年の春制覇となる。

続きを読む

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ