PR

産経WEST 産経WEST

【新元号】「令和」のアクセントは? 放送各社で対応分かれる

 新元号に決まった「令和(れいわ)」の発音方法をめぐり、インターネットのSNS(会員制交流サイト)上などで議論が広がっている。アクセントをどこに置くかで、聞こえ方が異なるからだ。テレビ・ラジオの放送局も社によって発音方法はさまざまで、明確なルールを定めないケースも。どの発音が正しいのだろうか。(有年由貴子)

 「令和↑(=曲がり矢印上がる)なの? 令和↓(=曲がり矢印下がる)なの?」

 「『平和』と同じ発音でいいの?」

 1日に新元号が発表された直後から、SNSのツイッターなどでは、令和の発音について戸惑う書き込みが相次いだ。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は発表時、「れ」にアクセントを置く「頭高型(あたまだかがた)」で発音。引き続き会見を開いた安倍晋三首相も同様だった。

 NHKは1日、アナウンサーが令和を読み上げる際には頭高型の発音に統一することを暫定的に決定。ラジオ局の文化放送(東京)も「特別にルールづけはしていないが、新元号発表時の菅官房長官の発音に合わせてアナウンスしている」(広報担当者)という。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ