PR

産経WEST 産経WEST

【選抜高校野球】明石商、来田がサヨナラ弾

智弁和歌山(和歌山)-明石商業(兵庫) 9回、サヨナラ本塁打を放ち、笑顔で拳を突き上げて走る明石商業・来田涼斗=31日、甲子園球場(鳥越瑞絵撮影)
智弁和歌山(和歌山)-明石商業(兵庫) 9回、サヨナラ本塁打を放ち、笑顔で拳を突き上げて走る明石商業・来田涼斗=31日、甲子園球場(鳥越瑞絵撮影)
その他の写真を見る(1/2枚)

 選抜高校野球大会第9日の31日、準々決勝の第4試合は明石商が前回大会準優勝の智弁和歌山に4-3でサヨナラ勝ちし、春夏通じて初の4強を決めた。

 心地よい金属音を残しながら、弾丸のような打球が右翼席に突き刺さった。3-3の九回。明石商の先頭打者、来田がサヨナラとなるソロ本塁打を放ち、熱戦に終止符を打った。2年生ヒーローは「芯に当たって完璧でした。最高にうれしい」と大きな目を輝かせた。

 3球で追い込まれ、ミート重視の「ノーステップ打法」に変えた。狭間監督から「タイミングの取り方が下手」と指摘され、昨秋から取り入れた打法だ。体重移動が少ない分、打球は飛距離が出にくくなるが、直球を豪快にはじき返した。この冬、食事とウエートトレーニングで体重を7キロ増やし、パワーをつけた成果だ。狭間監督は「今まで見たことのないようなすごい打球」と上機嫌でたたえた。

 試合前には指揮官から「覚悟を決めていけ」と気合を入れられ、来田は一回にもソロ本塁打を放った。強打が自慢の相手に対し、さらにそれを上回る打力を見せつけた。

 過去の最高成績だった8強の壁を越えた。「一戦一戦自分のやるべきことをやりたい。目標は全国制覇」と来田。若きスラッガーが悲願の頂点をたぐり寄せる。(岡野祐己)

関連トピックス

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ