PR

産経WEST 産経WEST

初乗り運賃「日本一」値下げへ 神戸市と阪急、北神急行市営化で合意

 神戸市は29日、阪急電鉄子会社「北神急行電鉄」の路線(谷上-新神戸間)を市営化することで阪急と基本合意した。1年半以内に新神戸で相互乗り入れする市営地下鉄との一体運行を始める。市営地下鉄の料金体系に当てはめることで、日本一高いとされる現在の初乗り運賃(360円)が引き下げられる見通し。

 一体運行は、運賃引き下げで沿線の利便性を高め、人口減少に歯止めをかけることなどが狙い。運賃は国との協議などで決まるが、市の試算によると、双方の初乗り運賃が必要だった市中心部の三宮から谷上までの区間(540円)は半額近い280円まで値下げすることが可能という。

 基本合意では、市が北神急行の資産を198億円で買い取る一方、事業に関する約650億円の債務は市が引き継がずに阪急グループ内で処理する。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ