PR

産経WEST 産経WEST

【ニュースを疑え】元号と西暦「面倒に意味あり」思想家、内田樹氏

 「平成○年は西暦でええっと○年」。そんな変換を私たちは幾度、繰り返してきたことか。時に不便を感じながら日本人は、元号と西暦の両方を使い続けている。グローバル化と標準化が進む21世紀に元号を守り続けているのだ。「面倒にはそうなるだけの意味がある」と、神戸女学院大名誉教授で思想家の内田樹氏は言う。面倒の意味とは一体、何なのだろう-。(聞き手 坂本英彰)

うちだ・たつる 『日本辺境論』(平成21年)など幅広く評論を展開する思想家、武道家=神戸市東灘区の自宅書斎で(南雲都撮影)
うちだ・たつる 『日本辺境論』(平成21年)など幅広く評論を展開する思想家、武道家=神戸市東灘区の自宅書斎で(南雲都撮影)
その他の写真を見る(1/7枚)

 --改元が近づいています。グローバル化が進むいま、日本で元号を使い続ける意味は何なのでしょう。西暦で十分との意見もあります

 「西暦はキリストの生誕年を基準にした暦法です。価値中立的な暦ではありません。イスラム教にもユダヤ教にも仏教にも、それぞれの宗教に基づいた暦年がある。元号を使うのは日本だけだという乱暴なことを言うひとがいますけれど、似たようなことは世界中どこの社会集団でもやっています。自分たちのために時間を区切り、タグをつけたり、色を塗ったりする習慣は世界中にあります」

 「イギリスはビクトリア朝、エドワード朝などと王朝で時代を区切ります。王朝が変わるごとにマナーもファッションも変わる。フランスは帝政期や王政復古期など政体が変わるとインテリアや建築様式が変わる。アメリカはエイジやディケード(10年)で区切り、ジャズエイジとかフィフティーズとか呼ぶ。みんないろいろ工夫してるんです」

 --区切る行為は普遍的だが、区切り方は社会集団によるということですね

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ