PR

産経WEST 産経WEST

仁和寺の重文に千社札で男を書類送検 文化財保護法を初適用

千社札のような紙が貼られた仁和寺の二王門(仁和寺提供)
千社札のような紙が貼られた仁和寺の二王門(仁和寺提供)
その他の写真を見る(1/4枚)

 世界遺産・仁和寺(にんなじ、京都市右京区)で平成30年12月、重要文化財の二王(におう)門に千社札(ぜんじゃふだ)が貼られる事件があり、京都府警が文化財保護法違反の疑いで、東京都内の60代男を書類送検したことが25日、捜査関係者への取材でわかった。文化庁によると、文化財に参拝した証しとされる千社札を貼り付ける行為に同法が適用されるのは全国で初めてという。

 捜査関係者などによると、男は12月20日午前9時25分ごろ、仁和寺の二王門の梁(はり)や柱などに「玉木家」「西町」などと記された千社札計5枚を貼った疑いが持たれている。寺の関係者が剥がしたところ、門に一部跡が残っており、府警は起訴を求める「厳重処分」の意見を付けた。

 府警や仁和寺によると、事件当日、寺の関係者が長い棒を使って高さ約4メートルの梁に札を貼り付ける男を目撃。男のそばには、千社札が大量に入ったバッグが置いてあったという。

 関係者が注意すると、男は近くに止めていた車で逃走したが後日、右京署に出頭。容疑を認め、任意で取り調べを受けていた。

 ■強力接着剤「建物破壊する行為」

 神社仏閣を参拝した証しとして境内に貼られてきた千社札。建物保護の観点から貼り付けを禁止するところも多いが、無断で貼られるケースが後を絶たない。

続きを読む

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ