PR

産経WEST 産経WEST

千葉-和歌山1400キロ「太平洋岸自転車道」のロゴ決定

太平洋岸自転車道のロゴ(太平洋岸自転車道推進協議会提供)
太平洋岸自転車道のロゴ(太平洋岸自転車道推進協議会提供)

 サイクリングを楽しむインバウンド(訪日外国人客)の利用増を目指し、千葉県-和歌山県で整備中の「太平洋岸自転車道」のロゴマークが決まり、近畿地方整備局が発表した。案内板や自転車道を示す路面に使用される。

 ロゴは、青と白を使って太平洋の波をイメージし、日本の代表的な波のうねりをかたどった模様の青海波(せいがいは)を取り入れた。日本語と英語で2種類ずつある。

 沿線8県市などでつくる太平洋岸自転車道推進協議会が沿線自治体にある大学に募集し、横浜美術大のデザインが採用された。

 同整備局の担当者は「ロゴができたことで、自転車道を広く周知したい。訪日客にもわかりやすく、迷わずサイクリングしてもらえるのでは」と話している。

 太平洋岸自転車道は、千葉県銚子市から和歌山市までの沿岸部を結ぶ約1400キロのサイクリングロード。訪日客にも楽しんでもらおうと、2020年東京五輪・パラリンピックの開催までに整備される予定。

あなたへのおすすめ

PR

PR

PR

PR

ランキング

ブランドコンテンツ